過去を隠すという覚悟があるのか

打ち明けれるのか

軽い気持ちで風俗業界でのアルバイトを決意する女の子たちが増えているようにも思えるのですが、果たしてそれは正しいことなのでしょうか?

風俗で働くということは、ちょっとイメージが悪いかもしれませんが、誰に否定される筋合いがないような立派な仕事だと言えます。

しかし、世の中の人たち全てがそのような意見を持ってくれるとは限りません。むしろほとんどの人は否定的なのが現状です。

一度告白してしまえば、それ以後のカミングアウトは簡単になるかもしれませんが、それにしたって時と場所をわきまえる必要があります。

出会う人全てにそのようなことを言ってしまっていては、ただの非常識な女性だと思われてしまうのが関の山ですよ。

親しい人にこそ言えない

それまでの自分がどんな人間だったのか一切知らないなんていう人たちに対しては自分が風俗嬢であるということを打ち明けやすいかもしれません。

しかし、高校や大学の同級生なんかにも同じように開けっぴろげに打ち明けることができるでしょうか?

自分の過去を充分に知っている人たちには、バレたくないなあ・・・。なんて思いながら仕事している人もいるかもしれません。

そのように本来ならば隠し事なんてしたくもない相手に対しても偽らなければいけない苦しみというものがあります。

このことを事前に深く考えずに風俗嬢になってしまうと、後悔してしまうことになってしまうかもしれません。

これまでの人間関係を思い出してみる

もう全ての過去は捨ててきた。なんていう人じゃないと風俗嬢をすることはできないなんてことはとても言えません。

しかし、働く前に将来誰かと巡り合った時に、この事実を伏せることができるのか。ということは気にしておきたいことではあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です