金銭感覚が狂うようになるかも

お金で人は変わる

私は例え風俗嬢になったとしても、本質的なところでは何も変わることがないと思う!

という根拠があるのかないのかよく分からない自信を持ったことにより、風俗業界で働き始めることにした女性もいるでしょう。

仕事というのは実際に行ってみないことにはどのようなことがあるのか分かりませんし、経験してみないことには予測もできません。

けれども、人によっては確実な変化が訪れることがあります。それは何かというと金銭感覚の変化なんですね。

ご存じの通り身体を張った仕事なので、その分給料も高くなります。そのような高給を前にすると人はタガが外れてしまう時があります。

事前に気をつけてたはずなのに

そのような話を耳にしたことがあるのならば、稼いだお金はきちんと貯金に回して、自分自身は質素な暮らしを心掛けよう。

なんてことを胸に誓うかもしれませんが、そう上手くはいかないのが現実の悲しいところなのかもしれません。

ストレスも溜まりやすい仕事ではありますので、どうにかして発散しなくては続けていくことが難しくなってしまいます。

そんな時にストレス発散方法がお金を使うということになってしまう人って実は結構多いんですよね。

思いっきり豪遊すると不思議なことにみるみるうちに気が晴れていくのはお金の魔力であると言えてしまうかもしれません。

狂ったものは戻せない

一度狂ってしまった金銭感覚を風俗で働き始める前に戻そうとするには、かなりの努力が必要になります。

なので、働くことを決意したのならばある程度稼げることは明白なので、鋼の自制心を持つことに勤めなくてはいけないでしょう。

それを怠ってしまったが故にいつまでも同じ事の繰り返しになってしまっている人もたくさん存在していますからね。

過去を隠すという覚悟があるのか

打ち明けれるのか

軽い気持ちで風俗業界でのアルバイトを決意する女の子たちが増えているようにも思えるのですが、果たしてそれは正しいことなのでしょうか?

風俗で働くということは、ちょっとイメージが悪いかもしれませんが、誰に否定される筋合いがないような立派な仕事だと言えます。

しかし、世の中の人たち全てがそのような意見を持ってくれるとは限りません。むしろほとんどの人は否定的なのが現状です。

一度告白してしまえば、それ以後のカミングアウトは簡単になるかもしれませんが、それにしたって時と場所をわきまえる必要があります。

出会う人全てにそのようなことを言ってしまっていては、ただの非常識な女性だと思われてしまうのが関の山ですよ。

親しい人にこそ言えない

それまでの自分がどんな人間だったのか一切知らないなんていう人たちに対しては自分が風俗嬢であるということを打ち明けやすいかもしれません。

しかし、高校や大学の同級生なんかにも同じように開けっぴろげに打ち明けることができるでしょうか?

自分の過去を充分に知っている人たちには、バレたくないなあ・・・。なんて思いながら仕事している人もいるかもしれません。

そのように本来ならば隠し事なんてしたくもない相手に対しても偽らなければいけない苦しみというものがあります。

このことを事前に深く考えずに風俗嬢になってしまうと、後悔してしまうことになってしまうかもしれません。

これまでの人間関係を思い出してみる

もう全ての過去は捨ててきた。なんていう人じゃないと風俗嬢をすることはできないなんてことはとても言えません。

しかし、働く前に将来誰かと巡り合った時に、この事実を伏せることができるのか。ということは気にしておきたいことではあります。

思ってたのと違うなんてことも

性的なことが好きだから

エッチなことをするのもしてもらうのも大好きだから風俗で働くのって私に向いてると思うんだよね。

という安易な発想によって風俗で働くことを決めた女の子というのは案外多いのかもしれません。

性的なことに対して抵抗がないというのは、世の中の男性が聞いたら諸手を挙げて喜びそうな発言ではありますよね。

しかし、そのようにエッチなことが好きだというのはあくまでも自分で相手を選んでいたから好きになったのではないのでしょうか?

ナンパされた男の人とすぐにエッチしたということになっても、気に入らない男性ならば振ってしまっていたはずです。

そのような行為を繰り返してきたことによって、自分は誰とでも性的なことができると勘違いしてしまったら悲劇かもしれません。

できればストレスなく働いて欲しいとは思うのですが、自ら巻き起こした悲劇は誰にも止めることができなかったりしてしまうのです。

今までと違う?

そんなこんなで風俗店で勤務することになって、最初の方はまだいいかもしれません。

これでお金を貰うことができるなんて最高の仕事じゃん!なんて思っているうちはまだまだでしょう。

いつしか、お金を貰って性的なことをするということが耐えられなくなってくるかもしれません。

今までは自分のことを大事にしてくれる男の人ばかりでしたが、風俗店では時として道具のように扱われることもあります。

チヤホヤされていた女の子にとってはこれは案外きついことになるのではないのでしょうか。

勘違いしてなければ

嫌気が差したとしても簡単に辞められるとは限りませんので、続けていかなくてはいけません。

そんな時に自分が思っていたことは勘違いだったと気づけていたなら・・・。なんて後悔することもあるかもしれません。

そうならないように自分の性質というものはしっかりと把握しておきましょうね。

ストレスが溜まってしまう

発散の準備はできてる?

多くの男性たちは性慾発散の為に風俗店を訪れることになるのは、もうお分かりかと思います。

そのように男性の性慾発散のお手伝いをしている風俗嬢の皆さんというのは、性慾は溜まらなくてもストレスは溜まってしまいます。

他の仕事よりは確実に内容もハードになりますし、体力も消費することは間違いがありません。むしろ体力ばかりを消費していってしまうということにもなるでしょう。

そのように疲れ切った身体になってしまっても、自分を誤魔化して連勤なんてしていたらそのうち倒れてしまいます。

これから風俗業界でお世話になることにしているという女性は事前にストレス解消の方法を用意しておきましょう。

たまには好きなように

風俗業というのは、多くの店では自由に出勤できるようなシステムを採用しているところも多いかと思われます。

なので副業としてこっそり風俗店でアルバイトというのも成り立つのですが、皆が皆副業ということにはなりません。

中には風俗嬢としての仕事が本業だという人もいることでしょうし、そんな人たちはなかなか休めないかもですね。

特に常連さんが複数人いるような人気者になってしまいますと毎日のように仕事をしなくてはいけないかもしれません。

そんなことをしていては溜まったストレスを発散する時間もありませんので、必ず週に二日は休みたいところです。

自由に使える時間は大事

ストレスを発散する方法というのは人によって異なるかもしれませんが、どんなことをするにしても時間が必要なのは確実です。

時間さえあればこんな思いからは解放されることもできるのに・・・!

なんて後から思わないように、出勤は計画的にするように決めてから働くことにしましょう。

どんな人でも相手できるのか

まさに色々な人が

風俗業界で働く前に絶対に気を付けておきたい事といえば、やはりどんな人がお客さんとしてやってきても自分は大丈夫なのかということですね。

自分では男性経験豊富のつもりなので、どんな人でもかかってきなさい!なんて思っているかもしれませんが、時として想像以上の人もきます。

そのような男性が現れた時でもきちんと自分は完璧な接客をすることができるのかということは気にしておきたいところです。

覚悟もなしに風俗業界に軽い気持ちで入った女の子が、たった一日で辞めてしまったなんていうこともよくあります。

もし、自分がそんなことになったらきっと時間を無駄にしてしまったなんて思ってしまうのではないのでしょうか。

予め現実を知っておくこと

どんな人たちがくるのかということを理解しているつもりでも、案外イメージだけで分かったつもりになっていることがあります。

そのような勘違いを正すためには、実際どのような人たちが来店しているのかということを確認してみるしかありません。

店の前で一日中見張っておくというのも有りかもしれませんが、ちょっと目立つことになってしまうでしょう。

既にお店に採用されているのならば、お店側に頼み込んでどのような人たちが来店しているのか事務所で見せてもらうのもいいかもしれません。

そのようにシミュレートを重ねていくことによって、どんなお客さんが相手だとしてもきちんと接客ができるようになることでしょう。

選り好みはできなくなるから

働き始めたばかりだとしたら、お店側も色々と気を遣ってくれるかもしれませんが、それなりの期間が経過したらそうも言ってられません。

接客しやすそうなお客さんは皆新人があてがわれることにもなりますので、いつしか難しいお客さんの接客を任されることになるでしょう。

そんな時にしっかりと自分の仕事をやり遂げたらお店からの評価もアップするはずですので、頑張ってみてください。